サンボビザ・配偶者ビザついて(居住許可)

今起こっている難民危機や居住許可(Uppehållstilstånd)についての記事をスウェーデン語や英語で読み漁っています。

ビザ待ち中で、情報がなくて困っている人たちもいるかもしれません。
少しでも情報の足しになればいいなと思い、以下にまとめます。

難民はとりあえずこれから制限されていくようです。そして、今スウェーデンにいる難民もほかの国に行ってもらったりするそうです。でもとにかく動きが遅そうなのでいつになるやら・・・。

今並んでいる亡命申請をしている人達は、永住権ではなく仮の居住許可のみになるようです。

また、難民申請の基準も厳しくなるようなので、かなりの人数の難民は返されるかもしれません。

悲しいことに、家族を呼び寄せることもよっぽどの緊急事態をのぞいてはできなくなるようです。

国境ではIDチェックも行われ始めているようです。

このような動きに伴って、居住許可を申請する人たちにもルールが定められるそうです。

ここで私たち所謂サンボビザ・配偶者ビザを申請する人に関係があるのが・・・

スウェーデンにいるパートナーの収入が、家族を養うのに十分でなければいけない。

→家族のサイズに合った住居があること

→スウェーデンのスポンサーが家族を養うのに十分なお金があるか(きちんとした職に就いているか)

ただし、スウェーデン人ではないパートナーにかなりの貯蓄があれば大丈夫。
(このかなりの・・・というのは正確にいくらかわかりませんが、おそらく自身の仕事がなくても数年パートナーに頼らずに生活できる金額なので・・・かなり。。。でしょう。そして子供がいる場合はもっと・・・)

これはどういうことかというと、
例えばスウェーデン人のパートナーが学生で十分な収入がなく、アパートを持っていたとしても1人用である場合、
私たちnon-swedishのパートナーのビザはよほどの貯蓄がないかぎりおりないということになってしまいます。

これは今ビザを申請中の人にも当てはまります。

今、ビザが下りるまでの平均は14ヵ月。移民局によるとだいたい去年の10月前半のケースをやっているとのことです。

そして、今年の2月前半以降に申請した人たちは、インタビューの連絡も来ていないそうです。

フォーラムによると、今年の10月以降に申請した人たちはもしかすると2年くらいは待たなきゃいけないかもしれない・・・とのこと。

先ほどのルールが適応されるのは来年の春以降との噂です。
4月くらいに適応されるとすると、去年の年末~今年の年始にビザを申請した方々はもしかすると収入を提出しなければならない可能性があるということです。
そして、条件に合わなかった場合はビザが却下されてしまうかもしれません・・・。

もしかしたら今ビザが取れても、更新の時に却下されてしまう可能性もあります。

移民・難民でいっぱいいっぱいになってしまったスウェーデン。
これからは居住にかなり制限がかかってしまいます。

パートナーと一緒に住むことさえもままならなくなってしまうのかもしれません。。。

 

Limia の紹介

日本人♀ 写真を撮るのが好きです。 スウェーデンが好きです。 旅行が好きです。 心配性なポジティブ女子。日々頑張ってます!
カテゴリー: Sweden x Japan, ビザについて(配偶者・サンボビザ) パーマリンク

サンボビザ・配偶者ビザついて(居住許可) への7件のフィードバック

  1. タイガー のコメント:

    スウェーデンにパートナーがおり、現在二人とも学生で、夏の卒業後に日本かスウェーデンで暮らすことを検討しています。
    しかし友人カップルも14か月ほどビザの審査にかかり、大変苦労をしたそうで、心配しています。
    二年ともなると人生設計も変わってしまいそうです。ビザの審査期間が分からないときちんとした仕事にもつけませんし…。

    是非お読みになった英語やスウェーデン語の記事のリンクを教えていただきたいのですが、分かる分だけでもお願いします。

    • Limia のコメント:

      お返事大変遅れて申し訳ありません。。

      アメリカ人のブログで、sambovisa blogとしらべるとすぐにでてきます。

      2年となると人生かわりますよね。
      正直スウェーデンでも手続きすべて時間かかります。難民危機の影響はスウェーデン人にもかなり及んでいます。

  2. ビザ待ちの通りすがり のコメント:

    何ヵ月前の記事に失礼いたします。
    記事を拝見してかなり不安になったのですが、
    >>そして、条件に合わなかった場合はビザが却下されてしまうかもしれません・・・。
    この情報は本当に確かなのですか?それとも誰かが「そうなるかも」程度で書いたものですか?
    この情報が本当であるならば、真実を教えてくださって感謝致します。
    しかし真実でなければ多くのビザ待ちの方々が不安でたまらなくなっていることでしょう。もしよろしければ、それらのサイトを少しでもシェアをお願いいたします。

    • Limia のコメント:

      コメントありがとうございます!!
      不必要に不安にさせてしまっていたら申し訳ありません。この記事全て、アメリカ人女性が書いているブログをもとに私の意見をいれたものです。
      勝手にリンクをはっていいのかわからないのでここでは貼りませんが、英語でsambo visa blogと調べるとすぐにみつかります。とても詳しくまとめてありとても参考になります。待ち時間も全てまとめてあります。

      この記事を書いた時点では、いつから法が適応されるかわかりませんでした。ただ、そのブログによると新しい法はおそらく今年の6月以降?だったかに申請した人に適応されるようです。すみません最近ブログを読んでいないので不確かですが、今待っている人はおそらく大丈夫だとおもいます。ただ、ビザをとるのが厳しくなっているのは確実です。
      却下されるとはいかなくても、少しでもひっかかる事項があればビザの判決はどんどん遅れると思います。
      移民局に問い合わせても適切な答えは返ってきません。なので、正直なにも確かなことは言えません。でも、最悪な事態に備えて準備するのがいいと思います。
      ビザ待ちは相当不安ですよね。
      早く判決がくだされますように。

  3. ビザ待ちの通りすがり のコメント:

    そうでしたか、ありがとうございます。
    ビザの情報は英語、日本語探しまくっていたのですがその女性のは読んだことがありませんでした。
    いえいえ、真実でしたらば不安になってもいいのです。むしろ情報に感謝いたします。
    去年の秋に申請して二ヶ月後に面接なのですが、結果はだいぶ待つだろうし収入がその新情報では我々はお互い収入が少ないので更新ができないとなるとツラいどころか絶望です。
    スウェーデンでの生活に早く戻りたいです。

    ありがとうございました。スウェーデンの楽しい春をお過ごしください。

  4. 配偶者ビザの現実を知った者 のコメント:

    コメント失礼します。まだ1週間前に申し込みをしたばかりのものです。
    旦那が問い合わせたところ、やはり最低14ヶ月ほどかかるだろうと言われました。
    本当に人生計画が崩れてしまいますよね;((

    うちの場合は、彼には仕事と家を探すのに5月に先に帰ってもらい、幸い両方ともすぐ見つかったので9月から私もスウェーデンに行きビザが下りるのを待とうと浅はかな考えでした。
    結婚したばかりで、まさかこんな長い間会えなくなると思ってもいなかったので現実を受け入れるのが苦しいばかりです><
    インタビューをする前なら、少しの間訪問ができるとか、90日までは大丈夫、又は結果が出るまでは入国できないなど、どれが正しいのかわかりません。
    もし審査中にスウェーデンに訪問できた方がいましたら、教えていただきたいです!

  5. Limia のコメント:

    配偶者ビザの現実を知った者さん

    本当に人生計画崩れてしまいますよね。。。
    でも、彼が仕事と家を見つけてくれて良かったですね!
    なんか、新聞を読んでいたら、国外からスウェーデンに行く人の貯金があったとしてもパートナーのお給料が十分じゃないとだめみたいです。。。これからビザを取る方はかなり厳しくなりそうですね・・・
    学生さんと結婚される方なんかは却下されてしまう可能性がありますね。。。

    今は待ち時間が長いので、スウェーデンに行ってもいいということになっているという噂もききますが・・・実際に私の知り合いでもビザ取れる前にスウェーデンにいらっしゃった方何人かいますよ!
    ただ、ビザがないとマイナンバーがとれず、それがないと学校にも通えないので何もできないです・・・。
    でも、パートナーに会いに旅行がてら行くのはいいのかなぁと思います。
    Migrationverketにメールして問い合わせてみるのはいかがでしょう?(あまり情報はあてになりませんが。。。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です