居住許可についての新しい法律の適応について

最近サンボビザの記事を見てコメントしてくださる方が結構いらっしゃるのですが、
正確な情報ではなく混乱を招いているようでしたので記事を書きたいと思います。

法律を学ばれているもみじさんが政府のリンクを教えてくれたので少しまとめたいと思います。
http://www.regeringen.se/pressmeddelanden/2016/02/forslag-om-att-tillfalligt-begransa-mojligheten-att-fa-uppehallstillstand-i-sverige/

もみじさん、ありがとうございます!

————————————————–

私が過去の記事で書いた、

スウェーデンにいるパートナーの収入が、家族を養うのに十分でなければいけない。

→家族のサイズに合った住居があること

→スウェーデンのスポンサーが家族を養うのに十分なお金があるか

この条件を満たさなければ、ビザが却下されてしまうことがある

ということなのですが、
これは今年の6月から適用されるようです。
今申請中の方は大丈夫だと思います。これから申請される方も6月以前でしたらおそらく大丈夫だと思います。

政府の記事によると

≪最低収入の条件が適用されない場合≫
・難民、もしくは庇護を必要としている移民がスウェーデンの居住許可をもらってから3か月以内に家族を呼び寄せる場合
・子供が家族をよびよせる場合
・申請の提出が2016年5月31日以前に行われている場合

「Detta innebär bland annat att dagens undantag från försörjningskrav vid anhöriginvandring för svenska medborgare och för medborgare i annan EES-stat eller Schweiz samt för dem som bott i Sverige i mer än fyra år tas bort.」
今まではスウェーデン人やEUの方がパートナーや家族をスウェーデンに呼び寄せる場合は収入の条件から免除されていましたが、法律の改善後は全ての人に適用されるようです。

ごちゃごちゃわかりにくい文章を書いてしまいましたが、
要は
2016年6月1日以降にサンボビザ・配偶者ビザの申請をされる方は
収入の条件を満たさないとビザが取れない可能性がありますよ!
ということです。

ちなみに、更新時にはそのような収入の条件等はないようです。

ビザ待ち中のみなさんに一刻も早く判決が下りますように!

Limia の紹介

日本人♀ 写真を撮るのが好きです。 スウェーデンが好きです。 旅行が好きです。 心配性なポジティブ女子。日々頑張ってます!
カテゴリー: ビザについて(配偶者・サンボビザ) パーマリンク

居住許可についての新しい法律の適応について への1件のフィードバック

  1. Ash のコメント:

    こんにちは。スウェーデン人と同居するためにサンボビザを申請しようと考えている者です。
    サンボビザなどについて情報を載せて下さって、すごく助かっております。ありがとうございます!

    6月から新しい法律が適用されるという話ですが、
    「スウェーデンにいるパートナーの収入が、家族を養うのに十分でなければいけない。」
    と言う内容と、それが適用されるのが6月からだということが書かれている元のウェブサイトを教えていただけますでしょうか?

    私のスウェーデン人のパートナーがサンボビザについて調べたところ、その法律がすでに適用されているのではないか、ということでした。彼は6ヶ月の契約で働いており、両親と住んでいるので、上記のことを証明できないのではないかと心配しております。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です