私がやったこと・・・

まずスウェーデンに着いたらPersonnummerの登録を!
そしてこれは賛否両論ですが、私はそのあとArbetsförmedlingenに行きプランを立ててもらいました。運よく医療職の専門の方に当たったので、いろいろ相談しました。
今もお世話になっています。

さて、下準備が整ったら。

まず第一に、自分が受けた教育がスウェーデンで使えるかどうかをSocialstyrelsenに確認します。

https://legitimation.socialstyrelsen.se/sv/utbildad-utanfor-eu-och-ees

詳細はこちらです。

提出するものはこちらに書いてあるので割愛しますが、
かならず日本語の原本と、英訳を提出します。
スウェーデンは原本での提出が基本的にダメなので、Vidimeringといって
どこかの機関に行って原本をコピーしてもらいそれにサインをもらいます。
今後このVidimeringはかなり出てくるので、頼める人を探すことをオススメします。
私はArbetsförmedlingenの担当者にいつもやってもらっています。

Socialstyrelsenの判決は数か月かかるので早めにやったほうがいいと思います!

そのあとは早速語学!
Kunskapsprovを受けるのにSVA3までは必要なくなりましたが
SVA3なしで挑戦するのは無謀ですし、仮に受かったとしても仕事が探しにくくなります。

方法は
①SFIに行きそのあとKomvuxでSVA3までやる
②SFA-medicin
③TISUSを受ける

どれもSVA3まで行けるのですが私は②を選びました。
なぜならYrkessvenska(医療のスウェーデン語)があり、そして終わるのが早い!

SFI-cから始めると、1年半で終わります。

私のクラスの中にはSFIは自分のコミューンで終わらせ、SVAgrundから入ってくる人もいました。日本でSWEDEXのB1を受けてから来るとSFIは飛ばせます。
日本でTISUSを受けることもできたなぁと思いましたが
スウェーデンでスウェーデン語を勉強するのと日本で勉強するのではリスニングとスピーキングの慣れ方が全然違うし、個人的にはSVA1,2,3の内容がすごく役に立ったのでいい方法だったなと思っています。SFIとSVAgrundは進みがすごく遅いので、早く職に就きたい人はSFIは飛ばすことをお勧めします!
SFIが飛ばせるとそのあとはだいたい10か月で終わります。
頑張り次第では飛び級もできるのでもっと早くなります。

毎週1回は医療スウェーデン語があり、看護師さんが先生です。
医療に関する記事を読んだり、医療施設に見学に行ったりもします。
Socialstyrelsenから人が来てシステムを説明してくれたり医療のイベントにも誘われるので何かと待遇がいいです。

SVA3まで終わると次はKunskapsprovとコースの準備です。
これから私もどうなるかわかりませんが何か変化があれば投稿したいと思います。

スウェーデンで重要なのはずばりコネ!!!です。
医療施設に見学にいき、顔を覚えてもらえれば研修や仕事が見つかる可能性が高くなります。時間があるときにどんどん見学に行くといいと思います!
イベントに参加もして自分を売り込むのも大切です。
家で待っていても何にもならないので、とにかく行動あるのみ。
私もそれでどんどんシステムを吸収しようと思います。

割と誰に相談してもサラッと流されることが多いので、自分からグイグイ行くほうがいいのかなぁと最近思い始めました。

この考えは結構つらいです。
日本では医療職となるとだいたい職にも困らないし、バイトもすぐ決まるし。
患者さんには先生と言われある程度の地位があります。
スウェーデンでは0、マイナスからのスタートです。
誰も私たちを必要としていません。日本の高度の医療技術もここでは何の意味もありません。高いプライドは邪魔でしかありません。日本では先生でもここでは無職です。

私も日本とスウェーデンの医療に貢献したい一心でプライドを捨てて頑張っています。
なので、一緒に頑張って医療を盛り上げていきましょう!

Limia の紹介

日本人♀ 写真を撮るのが好きです。 スウェーデンが好きです。 旅行が好きです。 心配性なポジティブ女子。日々頑張ってます!
カテゴリー: スウェーデン生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です