スウェーデン語 プレゼン編

プレゼン
1, Folkhälsa ×2 →1,自分の職業のinformation bladを発表、2,記事を読んでまとめの発表 (口頭)
2,Talmanus 自分の職業でトピックをプレゼン(Powoer Point)
3, Populärvetenskaplig text 記事を読んでまとめの発表 (口頭)
4, Textanalys 短い話を読んでまとめの発表 (口頭)
5, NP ×2 →1,配布されるテーマから選んでプレゼン 2,配布されるテーマから選んで議論(PPT)
6, Språkvetenskap 母国語について (PPT)
7, Medeltiden 母国の著名人について。私は清少納言。(PPT)
8, Patientfrågan  職業のロールプレイ (口頭)
9, Romanredovisningar 本を1冊読んでまとめ (口頭)
10, Rollspel ロールプレイ (口頭)
11, Argumenterande uppgift 自分の職業のトピックを議論 (PPT)
12, Svenska författare 私はCarl Jonas Love Almqvistについて (PPT)
13, Litteraturhistoria 文学史の時代を比較。私は啓蒙時代とリアリズムの比較 (PPT)
14, Fördjupningsarbete 職業のトピックを比較!(PPT)

プレゼンは基本なんの紙も見てはいけないので、そして自主性を求められるので最初はアドリブでやったろ!とやってみましたが頭が真っ白になってよくわからないことを言いまくってしまったので、すべて暗記して練習しまくってあたかも自然にこなれた雰囲気を出すようにしてやっていました。日本語や清少納言は言いたいことだけ決めてあとはアドリブでしたが、その他は盛り込まなければいけないことが決まっているので暗記・・・笑

テーマ、さらには題名まで与えられる作文と違い
プレゼンのテーマは基本的に自分で決めるのでそれが大変でした。

私がやってたテーマの決め方は、まずSvDとかDNの新聞で(あと職業新聞)トピックを探しました。自分の主張を強めるために記事を引用しなければならないので、選んだテーマに沿う記事があるかチェックしなければいけません。
1つのプレゼンにつきだいたい3,4個の記事を引用していたのでその記事探しが大変でした。
例えば、『コーヒーを飲もう!』と義論文で主張したいとすると
①コーヒー体にいいという信頼性のある記事
②コーヒーがなくて事故が起きた記事
③コーヒーの眠気を取る作用で勉強の効果が上がった記事
④コーヒーは環境にもいいという記事
こんな感じでいろいろな方向からコーヒーを支持する記事をみつけ、自分の主張を強めます。
クラスメイトのテーマは、死刑反対、とか性器切除反対!とか
面白かったのは『宗教が医療を左右してはいけない』こんなのもありました!みんな独自の方法でアプローチしていて本当にみんなのプレゼンを聞くのが楽しかった!

ロールプレイは、自国でやっていた説明をスウェーデン語でやる感じでした。

重かったのは文学史と最後の比較研究!

文学史はもう、大っ嫌いと思ったけれど
調べれば調べるほど面白くて本当にためになりました。

古代、中世、ルネッサンス、啓蒙主義、ロマン思想、リアリズム、モダニズムから2つの時代を選び、その時代の雰囲気や作品を比較しました。

超スーパー非常識人の私はこんなの聞いたことない!と思っていましたが
それぞれの特徴や雰囲気、そうなった理由が分かったので面白かったです。

ちょいちょいクラスメートから『なんで今更文学史!!!』と批判がありましたが、スウェーデン人にとっては当たり前のことらしく、スウェーデンで生きていく上では大切な知識なのかなと思いました。

比較研究は自分の職業なので力が入りました。
私は2つの似た治療法を比較しました。周りは2つの病気を比べたり、ある疾患のスウェーデンとシリアの有病率を比較したりもしていました。

———————————————————-

後にも先にもこんなにまとまって人前で発表することはない気がしますが、
すごく楽しい時間でした。

先生と何度も言い合いになった、
『スウェーデン語を学びに来てるんだ!物の書き方や歴史なんていらない!』
ということですが、スウェーデンで生きていく上では実は結構ためになることだったかもしれません。
スウェーデンで生まれた人の思想はこういうところからきているんだと知ることができました。(だからこっちの人は物事を直接主張しないのかな、だから責任をとるような言い方をしないのかな、とか)話す時もなるべく客観的に言ったほうがいいし自分の意見を主張したいときはきちんとしたソースをいうことが大切だと思いました。

『みんながやっているから』
『まわりのスウェーデン人が言っているから』

こういう主張は相手にされないんだと思います。

このコースを通して、どのように主張したら聞き入れてもらえるかが少しわかった気がします。

言葉は道具だと思います。
言葉ができることは何も偉いことでも自慢することでもないと思います。ただの伝達手段です。でも手段があってもうまく使えなければ意味がないので、SVAでその手段の効果的な使い方を教わることができとてもためになりました。

私の語学力は1年以上スウェーデン語を熱心に勉強しても家族との会話をスウェーデン語にしてとにかくスウェーデン語漬けにしてももまだまだです。
上手く話せないことも多いし、聞き取れないことも多いです。
冗談なんてほぼついていけません。
英語が話せたので0からのスタートではなかったですがまだまだペラペラとはいきません。
英語とスウェーデン語は似ているというけれど、違うところも結構あって
私はその違いで痛い目にあっています。
話し方や主張の仕方も違うので英語と同じ単語を(CがKになっただけみたいな)同じ場面で使うと通じないときもあります。文脈によって微妙に違ったり。。。そこが難しいです。。。

勉強と同じで知れば知るほどわからなくなっていくものです。

でも、これからもっと使いこなせるようになっていきたいです!!

もしネタに困った人がいればPPT送るのでいってください・・・笑。
あ、でも最近なぜかコメントがきちんと反映されないのでダメですね・・・

————————————————————-

さて、もうすぐプラクティークが始まります。
ダンスのコースにも通う予定です。

スウェーデンに来てもうすぐ1年ですがこれからもっとアグレッシブにいきたいです!
将来やりたいことがあふれてるので、それに向かって頑張ります。

文章長い!!!!笑

Limia の紹介

日本人♀ 写真を撮るのが好きです。 スウェーデンが好きです。 旅行が好きです。 心配性なポジティブ女子。日々頑張ってます!
カテゴリー: Uncategorized, スウェーデン生活 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です