スウェーデンで医療職を目指す方へ

勉強から少しの間解放されたと思いきやまた新たな問題が降りかかりいろいろ悩んでは決意をして・・・の繰り返しです。

クリスマスのことはまたいつか書くとして。

需要があるかはわかりませんが、スウェーデンに引っ越して来る予定の医療職の方になにか役立てるかなと思い私が知っている情報を書いていこうと思います。
スウェーデン語以外の情報がなかなかないのでなかなか情報を集めるのが難しいんですよね。しかもすでに働いてる方に聞いても『忘れちゃった・・・』とか言われてもどかしい思いをしたので忘れないうちに。。。

日本で医者、歯医者の免許を持っており、スウェーデンでも同じ職で働きたい方へ・・・(専門医は除く)

まず流れを説明すると・・・

免許取得の方法は基本的に2通りあります。
日本の教育は使えるけれど補完しなければ免許をもらえないので、
テストを受けるか大学がやっている補完コースを受けて免許を取得します。

①テスト Kunskapsprov(筆記・実技)→研修
②コース Kompletteringskurs→研修 (歯医者の場合はコースのみ)
(③大学からやり直し)

実は仕組みやテストの内容が2016年7月にガラッと変わりました。
特に医者は、今まで研修がAT(一般医)として18ヵ月だったのに今は6ヵ月になりました。今までは専門医の資格を持っていた方はテストを受けずに研修だけで免許をもらえていたのですが、7月からは残念ですが全員がテストを受け同じ道を通らなければいけないことになっています。
テストは、今まではスウェーデン語SVA3が必要でしたが現在は言語のレベルの指定はありません。
ただ、テストはスウェーデン語ですし、実技はOSCE形式、スウェーデン語での説明が求められるのでスウェーデン語ができない人はほぼ受からないと思います!
今年から形式が変わり、今までは筆記でしたがこれからはパソコンでマークシート方式になりました。日本の国家試験と同じですね。
医者の形式が変わって初めてのKunskapsprovが10月にありました。
58人受けて受かったのは5人です。
ある情報によると、受かった5人の多くは母国語がスウェーデン語の方たちのようです。。。かなり狭き門ですね・・・。

補完コースもあるのですが、これは3大学、約20人ずつしか入れず狭き門です。
こちらのほうはSVA3まで終わっていないと申し込めません。

そして研修。これが曲者で、自分で研修場所を見つけなければいけません。
ストックホルムやヨーテボリのような大都市は、今研修を見つけるのに1年半かかっているそうです。なので、みんな待ち時間の間にUnderläkare(研修医のようなもの)として働いて待つのですが、それも見つからず苦労しています。ただ、システムが18ヵ月から6ヵ月に変わったのでこれから待ち時間が短縮されることが期待されています。医者は人口も多いので競争率が高く、かなり狭き門です。

歯医者もおなじですが、唯一違うのは補完コースに入れればそのあと研修はしなくても免許が取れます。
ただ、その分人気が高く毎年数百人が応募し、2大学16人ずつしか入れません。
超狭き門です。
選択基準は明確ではなく、誰が選ばれるかはわからないそうですが
インタビューを受けるのでスウェーデン語と人格を見られるようです。

これがざっとした流れです。

長いので詳細は次のポストに・・・

 

 

カテゴリー: スウェーデン生活 | コメントする

成績が・・・

今日はSVA3の成績の話し合いでした。といってもまだ学校はあるけど。
コースめっちゃきつかったー。久々に勉強モードでした。

でも・・でも・・
頑張ったかいがあった。
成績なんとAでした!わーーーー!嬉しい。嬉しい!

あんまり普段から褒められるのが得意じゃなくてどう反応していいかわからないので
先生がすごく褒めてくれてめちゃくちゃ挙動不審になってしまった。

Aの価値がどれだけあるのかはわからないけれど、これから職業のコースを受験したりする際に少しはポイントになるといいな。
他の受験者で同じ経験年数とかバックグラウンドの人がいたとして、
スウェーデン語の成績がAとBだったらきっとAをとると信じたい。
300人応募で16人しか席がないから・・・

テストの準備もしなきゃ。
Praktikも決まったし(おそらく)、コースに入る準備もしてる。
やれることは全部やる!

つらいことも多いけど、今つらい思いをしておけば後で楽になると思う。
自分で決めたことだし、Elieeもサポートとしてくれるし、できる100%のことをしようと思う!

カテゴリー: スウェーデン生活 | コメントする

もうすぐ冬・・・強く生きなきゃ

毎日毎日寒くて仕方ないです。
暗くて泣きそうになります・・・。
紅葉はきれいだけど、朝学校に行くときも暗いし、帰ってきてもすぐに暗くなってしまうので体が常に不調・・・というか機能していない感じです。

スウェーデン語は超インテンシブだったSVA1は嵐のように終わり、ついにSVA2がはじまりました。それに加えて見学と、Folkuniversitetetで職業のコースも取っているので正直毎日ヒィヒィ言っています。SVA2と3は1ヵ月ずつなので
年内には学校が終わり社会に放り出されてしまいます。不安です。

やっぱり学校に通って、自分の居場所があるのは心地いいです。
宿題とテストは山ほどあるけど、やることを与えられるのは本当に楽・・・。

日本でも何年も勉強して、スウェーデンでもまたやり直しかい・・・って愚痴をこぼしていたけれど、
なんだかもう開き直ってきて、文句言わずに勉強しようと思います。
ちょっと開き直って、職探し、来年のテストの勉強をし始めました。
積極的に見学にも行きはじめました、すべての時間を有効に使いたいです。

見学は、日本での経験があるのでなんとかついて行けるけれど、
やっぱり専門用語がわからないので、もっと楽しむために徹底的に覚えようと思います。

この前成績の話し合いがあったのですが、
先生に『あなたは自信がなさすぎる』と指摘されました。
どうも日本人の魂がそうさせるのか、なかなか自信がもてないんですよね。。
成績が良くても、それでもまぐれなんじゃないか、嘘なんじゃないかと常に自分を疑ってしまいます。あと、自分に一瞬でも甘くしたらダメだ!って思ってしまいます。

でも、もう少し自信を持ちたいと思います。
多分、プレゼンの準備はクラスの誰よりもしてるし、毎日スウェーデン語しか話さないように努力しているし、論文は時間をかけて練って、毎回自分が納得する物を出しているので、絶対うまくなっているはず!!!!。。。といいな・・・。
いや、なってる!
まだまだスウェーデン人の早い会話や相槌みたいなのを聞き取れないことが多いけど、
うまい言葉がぱっと出てこないし発音も怪しい部分はあるけど
小説も読めるし、授業や講義はほぼすべて理解して質問もバリバリできるようになった。レットスベンスカじゃないラジオもわかるようになった。
お母さんのちょっと癖のあるスウェーデン語もほぼすべて理解して相槌を打てるようになった。すごいじゃん!頑張ってるじゃん!

・・・この考え方、どうしても慣れないです。でも、海外で働いてインタビューを受けたりする時には自信は絶対必要です。今は全然できない人たちに勢いで負けてしまっているけど、強くならなきゃ。

こうやって海外に住む日本人たちは強くなり日本人らしさを失っていくのかな、なんて思う日々です。私もきっと片足突っ込んでる。でも、そうしないとこっちで生きていけないきがしています。

カテゴリー: スウェーデン生活 | コメントする