てすと。夏休み。

ついに夏休みが始まった!

先週かなりきついテストが終わり、8月の中旬まで休みです。
テストは本当にきつかった…。

1日目は読解4時間。
5個の物語と記事を読んで答えるもの。
マークとか穴埋めじゃなくて、すべて自分で文章を考えるスタイルでした。
しかも、文章中に答えがなくて行間を読んで答えなきゃいけないので
頭が大混乱でした…。最後の記事とかもう集中できなくてぼーっとしてしまった…笑
例えば、
『登場人物AとBの重要な違いを2つ述べよ。またその理由も説明せよ。』
とか
『この記事で筆者はなぜこの言葉を用いたか。理由を述べよ。』みたいな…

2日目は論文4時間。
今回はkrönikaというタイプの文章を
テーマが3っつあってそこから選んで書きました。
ざっというと
1,良い隣人とは
2,世代を超えた付き合い
3,環境について
これのどれかを新聞に投稿する記事として書けという問題でした。
全ての文章に構造のルールがあってそれに従いつつ、
さらに読んでいる人を意識しながら例を挙げて書けみたいな・・・

私は完全に間違えて 環境 という重いテーマを選んでしまったので、
(多分選んだの私だけ・・・笑)
途中で本当に漫画のように頭が真っ白になってしまい
2時間書いた時点で違うテーマにしようかさんざん悩んだ挙句そのまま書き続けました。
あんなにテスト中に冷や汗かいたの初めてです・・・
隣の子にも、『途中で書いた文章ザーーーって消してぼーっとしてたけど大丈夫だったの?』とか後で心配されました。笑 ていうか隣見るなよ!笑

そんなこんなで自分の満足のいく論文が書けなくて相当落ち込んでいたのですが
先日成績の話し合いに行ってきました。

ドアを開けた途端、先生が
『あなたには話すことはあまりないわ!あなた1番だったの!上のクラスに行くことをオススメするわ!』
と言われ頭真っ白に。
うそーー!!
ということで休み明けからSVA1に飛び級することになりました。
このままうまくいけば12月にはSVA3まで終わる予定です。
3-4ヵ月だけだけど、時間が短縮できる。一刻も早く仕事したいので、これからもっと頑張らなきゃ!

しかもしかも、一番仲のいい2人も一緒に飛び級することになり・・
嬉しいですが不安ですが嬉しいです・・・!

私の弟のような存在のギリシャ人の男の子と
年下だけどちょーーー頼れるロシア人の女の子。

いきなり難しくなるっていうし、なぜか8:30-17:00までの日もあるのでかなりインテンシブですが…ほんっと頑張る!!

夏休みはというと、日曜日に子犬が来るので、
その子のお世話とスウェーデン語を頑張る予定です!

めちゃくちゃ落ち込むことも多いけど、今だらけないで頑張れば
後々結果はついてくると信じて突き進んでいきたいと思います。

カテゴリー: スウェーデン生活 | コメントする

語学学校

実家からの引っ越しも終わり、Elieeと快適に暮らしています。
子犬がもう少しで仲間入りするのでそれも楽しみです♪

学校にも慣れ、クラスメイトと切磋琢磨(?)しながらすごす毎日。
学校が忙しくなってきて、街を散策したりできなくなってしまって残念ではあるのですが。。。

学校は少し特殊で同じ分野の職業の人しかおらず、みんなモチベーションが高いのでなかなか大変です。
この年になって友達作るの難しい・・・とか心配していたけれど、みんなしっかりしていて優しくて頭が良くて、自然と仲良くなれました。年下の子からも教わることが多いです。
同じ状況の子が多く同じ悩みが共有できるのも嬉しい。先生は微妙だけど!笑
先が見えなくて本当に不安だけど、みんなも頑張ってるから私も頑張らなきゃ!

いつも一緒にいる7人は
ギリシャ、ポーランド、ロシア、ベラルーシ、セルビア、ハンガリー、日本の超多国籍!笑
共通語がスウェーデン語で、あたりまえのようにスウェーデン語で話すようになったのがすごく不思議な感覚。
へったくそだから伝わらないことも多いけれど、電車で下手スウェーデン語みんなで話すのもちょっと恥ずかしいところではあるけど。。。でも英語をすぐに使うのではなくてスウェーデン語で会話をしよう!って思えるようになってよかったと思います。
スウェーデン語がもっと喋れたらお互いのこともっとわかるのにね・・・っていっつも言ってるけど
でも好きな友達だからこそもっと喋れるようになって分かり合いたいなぁ。モチベーションが上がる!
みんな母国でいろんなことがあって、結果スウェーデンに来ることになって、
こうして出会えたのはすごいことだと思います。
国はいろいろ違うけど、なんだかベースはおんなじで
そういうのがすごく嬉しい。

将来お金稼げるようになったら、みんなの国をまわろうよ!なんて話してると、
頑張って夢をかなえるぞーー!!!って気になります!

スウェーデン語のほうはなかなか思うようにできるようになりません。
語学の学習ってなんでこんなに上達したことが分からないんだろう。
日本でもう少しきちんとやっておけばよかったぁー!
論文も求められるものが多いし(日本語でも多分できない)、読解も自分で答えが文章の中になくて自分で考えなきゃいけないし(日本語でも危うい)、ラジオ(しかも難しくてよくわからない)を聞いて自分の意見をまとめなきゃいけないし、
何度半泣きになったことか・・・自分のできなさを痛感します。
これ、本当にできるようになるのか!!?と不安です。
先生とかほかのスウェーデン人はいっつも『Språket kommer!』 っていうけど。
信じられん!

スウェーデン語ができないとスタート地点にも立てていない私たちは、とにかくやるしかないのかな。
毎日コツコツ頑張ろうと思います。

 

カテゴリー: スウェーデン生活 | コメントする

家探し

家探しをしてました。

決まりつつあるのですが、というかもう契約書にサインしたのですが・・・どうなるかは実際に入居までわかりませんが・・・笑

とりあえずスウェーデンの家探しは面白く、と同時にメラメラと燃えます。

家を借りるにはBostadsförmedlingen(賃貸を伝える会社)というところに並ぶか
HSB(これまた賃貸の会社)というところに並ぶ必要があります。
1年ごとにお金を払って登録するようです。
Elieeはずーーーーっと日本にいたので、並び始めたのは2010年から。

まぁ賃貸は10年選手(1987年から並んでいる人もいた)がごろごろいるのでまず不可能と考え、アパートを購入することにしました。

まず銀行に行って、いくらのローンが組めるか決めて
予算が決まったらHemnetというサイトにまとめて物件が載っているのでそれでめぼしい物件を見つけて
日曜日・月曜日(が多い)にVisningといって実際におうちに訪ねて、物件の担当者(Mäklare)とお話したり物件を見て、気に入ったら登録して帰ります。

めぼしい物件が5件ほどあったのですが、Visningは30分のところが多く
時間が重なっていたりするためすごくあわただしいです。
私たちはひどいときには1:00-2:30までの間に5件まわりました・・・

インテリアがいちいち素敵です。
楽しいし、すべてに住みたくなります。
もし気になる方はHemnetで調べてみてください。超素敵なインテリアがゴロゴロのってます。

家に帰り、
各物件に素敵な冊子(Broschyr)があるので、それを見て思い出したり
アパートにFöreningenという組合があるのでそこの予算とかを調べたりしてどの物件にBud(入札)するか決めます。(組合がイケてないと月々支払うお金Avgiftが変動したり、サポートが悪かったりするそうです。)

次の日にMäklareから電話がかかってきます。

『君たちBud(入札)する?』といった感じです。
気に入った物件にお金を入れます。

そこからはすべてSMSでBudのお知らせが来ます。
そしてBudのメールもすべてSMS。

ある物件はものすごい値段になったりします。
私たちの予算をあっという間に超えてしまったりして何度もがっかりしました。
SMSが来るたび怯えました。笑

これ、予算少しオーバーだけど、いれちゃう?みたいな気持ちになります。笑
なんかメラメラ燃えます!

まぁ偽のBudgivare(入札者)がいたりいろいろ問題があるシステムではあるのですが
なんとか家が決まりそうです。
6月にAmorteringskrav(アモチゼーション)というのが導入されるようで、
これがはじまるとローンを今よりも早く返さなければいけないそうです。
なので、一旦高いローンを組む人が少なくなって住宅の値段がかなり下がると言われています。
その後、やはり住宅の需要はある+住宅を売る人が少なくなるので再び住宅の値段が上がると考えられています。
私たちは子供を育てることを考えて3rum+kökというタイプにしました。
大きいベッドルームが2つあるので、子供が2人できても小さいうちは大丈夫です。
5年は引っ越さなくていいように・・・

今後家を買うのがどんどん難しくなってくると予想されるので・・・

私が働き始めたらもっと良いローンが組めるのでその時はもっといいところに引っ越すかもしれません。ストックホルムのど真ん中とか!!?
でも、少し郊外のほうが緑に囲まれていて私は好きです。
今度引っ越す予定のところも駅に近く、目の前がミニ森です。

うまくいけば4月中旬に引っ越せそうです。
うまくいけば、とか予定、って書いてるのは
日本からスウェーデンの口座(口座作りました!祝!)にうまく送金できるかちょい怪しいからです。。。
それが確実になったら確実に購入できます。
どうなることやら。

日本で家を購入しようと考えている友達と話したのですが、
日本では家やアパートの購入は一生もの。すごく慎重になっているようでした。
私たちはなんだか家を借りるような気軽さで購入してしまいました。笑
住宅の価値が下がらないスウェーデンだからこその感覚ですね。

もしかしたら購入金額より高く売れるかもしれません。
安いぼろ物件を買ってセルフリノベーションして、高く売るビジネスをしている人も友達の知り合いにいるそうです。
そいつらは2ヵ月ごとに引っ越したりするみたいです。
なんかすごい・・・笑

ということでまだどうなるか100%わかりませんが
面白い経験をしたので書いてみました。

カテゴリー: スウェーデン生活 | 6件のコメント